RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
敷地が二つの異なる用途地域にまたがっている場合
  

敷地が二つの異なる用途地域にまたがっている場合

 

敷地が二つの異なる用途地域に属している時は、その敷地の過半の面積が属している地域の用途地域の規制に従うことになります。

 

例えば下図の様に、郊外の幹線道路沿いの所によくあるケースで、道路沿いは車のディ−ラーや修理工場などが設置できる準工業地域や近隣商業地域であるのに、その奥の所は住居系の用途地域であることがあります。

Aの物件が気に入って現地を調査しに行き、周りは静かな住宅地だから大丈夫、と思っても将来Bの土地を買った人間がパチンコ店や自動車の修理工場を設置するかも知れません。

Bの敷地全体の過半の部分が準工業地域や近隣商業地域に属している場合、この用途地域に建てることの出来る建築物が建つ可能性があります。)

 

注)もともとBの土地は一区画となっています。

 

 用途地域の境界付近の物件を買う場合、役所の都市計画課で都市計画図を事前にチェックするようにしましょう。


youto5

 

author:西川治男, category:物件選択上の注意点, 08:54
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 08:54
-, -
Comment









Trackback
url: http://harunish.jugem.jp/trackback/98