RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
ギャンブル その1

ギャンブル その1

 

私はギャンブルをあまりやりませんが、海外で時間があると、たまにカジノに行くことがあります。あまりルールを知らないので、もっぱらスロットマシーンかサイコロの目を当てる大小ゲームをします。

もう大分前の話ですが、ニュージャージーのアトランティックシティーのカジノに行った時、全く初めてだったのでスロットマシーンで少し遊んでいると、いきなりベルが鳴り出して回りに人が集まってきました。なんだろうと思っていると、どうやら私の機械からベルが鳴っています。よく見ると7の数字が幾つも横に並んでいました。

観客の一人のアメリカ人が、何枚コインをいれたのか?と聞いてくるので『一枚だけ』と答えると、フゥーっとため息を漏らして、もし5枚いれていたら君は億万長者だったのに、と他人事ながら残念がってくれました。

その後大分経ってから、南アフリカにあるサンシティーのカジノにビジネスの相手に連れて行かれたときもスロットマシーンで結構儲かって、儲けを山分けしました。

ビギナーズラックとでも言うのでしょうか。

 

オーストラリアのメルボルンには、ヤラ川沿いに大きなカジノがあります。以前住んでいたときにたまに出かけたのですが、カジノ中の至る所にギャンブル中毒者向けのコンサルティングのステッカ―が貼ってあります。いかにギャンブル中毒者が多いかということでしょう。一見普通のオージーのおばさんが、マシーンを睨み付けて目いっぱい賭けています。

実は大小ゲームで、多少の資金があれば、かなりの高い確率で勝つ方法を考え出したのですが、きっとディーラーに嫌がられるのでまだ実践していません。

author:西川治男, category:ちょっと休憩−海外おもしろ事情, 16:53
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:53
-, -
Comment









Trackback
url: http://harunish.jugem.jp/trackback/97