RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
隣家からの越境物がある場合
 

隣家からの越境物がある場合

 

買おうとする物件に隣家からの越境物(塀、ひさし、樹木等)がある場合、理想的には購入前に越境物を取り除いてもらうことが一番ですが、なかなか直ぐには対処してもらえない場合が多く見受けられます。

仲介業者を通して、越境していることを確認する覚書を作成してもらいましょう。

仲介業者は越境している事実は重要事項説明書には記載しますが、その後の具体的な対処方法、処理方法については関与してくれません。

これらの越境物に関して、初めから隣家と気まずい関係になる可能性もあり、出来ればこの様な物権を敢えて購入することは避けた方が良いのですが、どうしても気に入った物件である場合には、契約前に隣家と仲介業者との間で、具体的な処理方法を決めておいてもらうことが重要です。

 

よく問題になる件ですが、隣家から木の枝が越境していて、こちら側の壁にあたっているとか、落ち葉が多くて雨どいに詰まってしまう等の問題がある場合でも、民法ではその樹木の所有者に対して枝を切るよう申し入れることはできますが、自分で勝手に切ってはいけないことになっています。

一方、根が境界線を越えてきた場合には、その部分に関して所有者の承諾なしに切ることができるとされています。

感覚的には逆のような感じを受けますが民法ではこの様に規定されています。

 

境界の上に既に塀が立っていて、隣家との境界がはっきりと分からなくなってしまっている場合もあります。この様な場合は、土地家屋調査士に依頼して事実関係を明確にしてもらって、境界を確定しておくことが良いでしょう。

差しあたって、ご自身で居住する場合にはあまり問題にならなくても、将来、家を売る場合等に境界が問題になることも考えられますので、できる限り敷地の境界は確定しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:西川治男, category:物件選択上の注意点, 11:25
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:25
-, -
Comment









Trackback
url: http://harunish.jugem.jp/trackback/93