RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
広告ちらしの見方−6 内法と壁心
内法と壁心

マンションなどで、広告では床面積73.10屬裡DKとあったのに、買った後で調べてみると、登記簿上はそれより少なく68.71屬箸表記されているのに気付いた方もいるでしょう。
これは内法面積と壁心面積の表記の違いで、一般的に広告上の販売面積は壁心面積(外壁または戸境壁もしくは柱等の中心線で囲まれた部分の面積)で表し、登記記録面積は内法(うちのり)面積(壁の内側の線で囲まれた部分の面積)で表記します。
販売上は少しでも広く見せたいのでしょうか。これは別に違反でもなんでもありません。
通常、登記記録面積の方が販売面積より6〜10%少なくなっています。
内法面積と壁心面積の表記の違いがあることを覚えていて下さい。
author:西川治男, category:広告・ちらしの見方, 22:21
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:21
-, -
Comment









Trackback
url: http://harunish.jugem.jp/trackback/9