RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
イスラエルという国
イスラエルという国

以前イスラエルによく出張で行っていたある時、テルアビブ空港ロビーで人を待っていて、周りに誰もいなかったのでアタッシュケースを床に置いて、ほんの数歩ボードを見ようと歩きかけた途端、どこから来たのか警備員が脱兎のごとく突進してきて、「この荷物はお前のものか」と質問され、私がYESと答えると、自分の荷物から離れるなと言われました。
爆弾と勘違いしたのでしょう。
またある時、ロッド空港乱射事件を起こした赤軍派の人間が、恩赦で釈放される時にたまたまイスラエルに入国することになって、飛行機が到着しタラップを降りると、日本人ということですぐさま完全武装の警察官に両脇をガードされ、そのまま近くの装甲車の中に入れられて30分以上もいろいろと尋問されたことがあります。

今でも同じだと思いますが、イスラエルからアラブ諸国に直接行くことは、外国人でも
できません。(エジプトは例外です)
自分のパスポートにイスラエル入出国のスタンプを押されると、その後アラブ諸国に入国する際にトラブルになるので、別紙ビザにスタンプを押してもらいます。(南アフリカも同様です。)
イスラエルに滞在した痕跡を消すために、書類やイスラエルの通貨を現地から日本まで送り返したり、スーツケースなどに書かれたヘブライ語の文字を消したものでした。

東京のイスラエル大使館に仕事の打ち合わせに行っていた時に、ビザを取りに来たアラブ系の人間が入り口付近で暴れだしたこともありました。すかさず警報が鳴り職員の顔に緊張感が走ったのを覚えています。偶然居合わせた他の人達と共に、職員に先導されて秘密の脱出ルートで外に出ました。そしてこのルートについては口外しない様言われました。
周りがアラブ諸国で囲まれた緊張感の中で生活しているイスラエル人にとっては、あらゆることに注意して、警戒することは当たり前のことなのです。
author:西川治男, category:ちょっと休憩−海外おもしろ事情, 10:06
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:06
-, -
Comment









Trackback
url: http://harunish.jugem.jp/trackback/85