RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
定期借地権
新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

今回のテーマは定期借地権です。
定期借地権は、平成4年8月に施行された新借地借家法にもとづいて生まれました。
従来、借地権は地主にとって不利な面が多く、一度貸したらなかなか土地が帰ってこないという問題点がありましたが、この定期借地権は借地期間が50年で、50年を過ぎれば、更新はできず、建物を取り壊し更地にして地主に土地を返却しなければなりません。

定期借地権付き物件はメリット、デメリット両方がありますので購入前によく検討する必要があります。
メリットは価格が安いことです。同じ価格で他の物件よりかなり広い物件が手に入ります。
デメリットとしては、毎月の地代が発生する、住宅ローンが借り難い、50年を過ぎれば更新はできず、建物を取り壊して更地にして地主に土地を返却しなければない、転売がしにくい(定期借地権契約は契約更新がないため、新たな買い主に対しても、当初設定した定期契約期間の残存期間しか与えられません。当然この残存期間が短くなればなるほど売却できる確率は低くなります)、等があります。
土地が借地なので、土地分の固定資産税はかかりません。(建物分はかかります。)
しかし土地が自分の所有ではないので、将来の資産価値はあまりありません。

当初の資金は少なくて済みますが、毎月の地代、将来発生する費用負担等も含め、ご自身のライフプランと合わせて検討しなければなりません。
よく言われていることは、この定期借地権による不動産の売買が始まってから50年経っていないので、借地期間が終了した際、どのような問題点が発生するのか、まだはっきりと分かっていないということです。






JUGEMテーマ:ビジネス


author:西川治男, category:物件選択上の注意点, 09:47
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:47
-, -
Comment









Trackback
url: http://harunish.jugem.jp/trackback/79