RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
旧法地上権
旧法地上権

物件を検索していると、数は少ないですが、占有面積の割に価格が安い物件にあたることがあります。よく見ると権利のところが所有権ではなく旧法地上権になっています。

この地上権とは借地権の一種で、建物所有を目的とし、その底地を借りる権利です。
借地権なので土地の所有者に毎月の地代を、地主へ支払わなければなりません。
旧法とあるのは、借地借家法は平成4年に改正されていますが、それ以前に設定されている借地権のことで、更新の際も引き続き旧法が適用されます。
従来、借地権の場合、更新の際に借り手の方が強く、貸し手(地主)側に不利な点があって、それらの不具合を是正するために平成4年に借地借家法が改正されました。
したがって旧法の借地権は、新借地権と比べて、借り手にとって有利であるといえます。

地上権の場合はその権利 を登記し、地上権の土地上の建物を第三者に売却したり転貸することも自由です。一方、賃借権の場合には、土地所有者の承諾を得なければなりません。
ですから地上権は賃借権と比べれば、所有権に近い強い権利であるといえます。
住宅ローンを申し込む場合、地上権の物件の場合、融資の制限がありますのであらかじめ金融機関に詳しく説明を聞いておく必要があります。

地上権の物件は所有権の物件と比べて、価格も安く、イニシャルコストを抑えられますが、デメリットの点もありますので、事前によく検討することが必要です。

author:西川治男, category:物件選択上の注意点, 09:16
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:16
-, -
Comment









Trackback
url: http://harunish.jugem.jp/trackback/77