RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
私道負担面積について
私道負担面積について

不動産ちらしの中で、私道負担〇〇屬△蝓△判颪れている物件がたまにあります。
この私道負担〇〇屬△蠅琉嫐は、対象物件の敷地のうち、〇〇屬私道として使用されているという意味です。
私道にあたる〇〇屬良分は建物の敷地として使用できないので、その分、建蔽率や容積率を算出するベースの敷地面積が小さくなるので、その結果建てられる建物の面積も小さくなることになります。私道負担〇☓屬大きい土地は注意が必要です。

何か私道を負担すると言うと、損をしているような感じを受けますが、そんなことは無くて、その私道に何軒かの家が面している場合は、私道の負担面積(私道の持分)は持っている方がいいことになります。
目的物件が私道に接している場合は、私道の持分の有無、負担面積、私道が他の家と共有されている場合はどのような形で共有となっているか確認して下さい。
author:西川治男, category:広告・ちらしの見方, 10:27
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:27
-, -
Comment









Trackback
url: http://harunish.jugem.jp/trackback/70