RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
営業保証金、保証金分担金について
営業保証金、保証金分担金について

免許を取って不動産業を始める際には、不動産会社は営業保証金を供託所に供託しなければなりません。
この営業保証金とは、不動産の取引において、業者の責任でお客に損害を与えた場合の賠償金としてプールされます。(営業保証金の供託額は、主たる事務所が1,000万円、従たる事務所が事務所ごとに500万円です。)
郊外の小さな駅前不動産屋さんのように、とても1,000万円は用意できないという会社のために、保証協会に加入し、保証金分担金を保証協会に納付する制度もあります。この場合は主たる事務所で60万円で済みます。お客の側から見ると、どちらも1,000万円を限度に、お客に対してその損害が認められれば、賠償金が支払われることになります

* 宅建業者と宅建業に関して取引をした者は、その取引から生じた債権に関しては、弁済してもらえることになります。例えばある物件の購入に関して契約を締結し、手付金を200万円支払った後、仲介の不動産会社が倒産した場合でも、その200万円は返還されることになります。

業者のせいで損害があった場合でも、泣き寝入りせずに、このような制度があることを頭に入れておいて下さい。
author:西川治男, category:不動産業者について, 20:21
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:21
-, -
Comment









Trackback
url: http://harunish.jugem.jp/trackback/67