RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
マンション購入の際の注意点
マンション購入の際の注意点

とある都内の大型マンションでの話しです。
このマンションの管理体制は非常に良く、日々の管理から定期的な大規模修繕まで実によく管理されています。
もちろん無断で居住者以外の人間がマンション内に入ることは厳重に禁止されていて、チラシなどを配ろうとしてマンション内に無断で入ろうものなら、管理人につかまって羽交い絞めにされてしまいます。
このようにとても良く管理されているので、築20年以上経ってもそれほど資産価値が下がらず、不動産業者にとっても人気の高い物権です。

先日、排水管の清掃が全マンション居住者に対して実施されました。洗面所、風呂場の排水管が詰まっていると、水漏れ等の原因となるので定期的に実施されるわけです。
この費用は毎月の管理費・修繕費から充当されるため、特に追加の費用は発生しないのですが、10階建ての大型マンションで居住者数が多いため、中には排水管の清掃に何らかの理由で応じない居住者もいます。
幾度かの警告の後、最終的に排水管の清掃をしなかった居住者に対しては、その名前を掲示板で公表されてしまいました。そして更に、「今後排水管の清掃等が必要になった場合は個別に自分の費用で行うこと。水漏れ等の問題があった場合には、損害賠償の対象になります。・・・・・」とありました。
ちょっと厳しすぎると感じるかも知れませんが、大規模マンションを管理するにはこれくらい厳しい態度が必要なのでしょう。

さて今回のテーマのマンション購入の際の注意点ですが、上記のように排水管の清掃に応じなかった居住者が自分の部屋を売りに出したとしましょう。毎月の管理費等はキチンと支払われています。ただ何らかの事情や理由のため自分の持分部分の排水管の清掃はしていません。仲介の不動産業者も管理費等の滞納分は無いので特に問題ありません、と買主に報告するかも知れません。
ここでのポイントは、マンションを買う際には、一度、買主自身で管理人に前所有者について聞いてみて、何か解決していない問題が有るか無いか聞いておきましょう、ということです。
入居後の思わぬトラブルを防げるかも知れません。
author:西川治男, category:物件選択上の注意点, 16:43
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:43
-, -
Comment









Trackback
url: http://harunish.jugem.jp/trackback/63