RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
地番と住居表示
地番と住居表示

登記所(法務局)で、買おうとする物件の所有者名、地目、抵当権等の有無を調べるため、登記事項証明書(登記簿謄本)の申請・交付を受けるためには、目的物件の地番が分からなければなりません。
地番と住居表示とは違います。
地番を調べるには、登記所に置いてある住宅地図(ブルーマップと呼ばれている)で住居表示から地番をあたります。(住居表示は黒、地番は青で表示されています。)登記所によっては専用のパソコンがあって、一般の住所から目的の地番を追っていくことが出来る所もあります。

「地番」・・・明治32年に制定された不動産登記法により定められた土地の番号のこと。居住状況とは別に、土地の所有者が誰であるか、どのような形状の土地であるかを識別し特定するために付されている。

「住所」・・・昭和37年に制定された「住居表示に関する法律」に基づいて、それまで土地の地番で定めていた住所を、分かりやすく定めたもの。(地番ではとなり同士の土地でも、連番になっていない)一般的には、一定の基準に基づいて、順序よく建物ごとに番号が付けられている。

住居表示は全国的には実施されていない地域も多数存在する。特に田舎の方で
は地番がそのまま使われているケースが多い。
「住居番号」は、建物が新築、改築されたときに付けられるため、
建物のない土地には「地番」はあっても「住所」はないというところも存在する。

例)

渋谷区 XX1 − 23−4
    町名  住居表示  、 23:「街区符号」、 4:「住居番号」

千葉県〇〇市△△町 567−8
              地番

author:西川治男, category:その他, 11:09
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:09
-, -
Comment









Trackback
url: http://harunish.jugem.jp/trackback/53