RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
広告ちらしの見方−3 接道状況
接道状況

ちらしには、“南側、4m公道に2m接しています”の様によく書かれていますが、建築基準法上、建物を建てられる敷地とは4m以上の幅員の公道に2m以上接していなければなりません。この接道義務を満たしていないと建物が建てられなかったり、増築、建て替え等ができなくなってしまったりします。私道や自動車専用道路にのみ接している場合はダメです。(私道でも位置指定道路になっている場合はOKです。)
よくある敷地延長のような敷地の場合、とりあえず現地で接道部分の間口を自分で測ってみましょう。
その際、壁などがある場合はその内寸を測り、内寸が2m以上あればOKですが、微妙な場合は境界にある壁等の所有関係を調べ、業者には念を押して確認してもらう必要があります。
とにかく一見して私道っぽい細い道にしか接していない場合や接道部分がせまい場合は要注意です。
すでに存在している土地付き一戸建で、前面道路が4m未満の場合、行政からそれを理由にすぐに取り壊しなさいとまでは云われませんが(注)、例えば建て替えをする場合は前面道路の中心線から2m下がったところまでしか建物の敷地とはできません。(その分、建蔽率、容積率がさがりますね)
このことをセットバックと呼んでいます。緊急車輌が入れる際に、少なくとも道幅は4mは確保したいというわけです。
(それでも街を歩いていると、よくこんなせまい道にあまりセットバックもしないで
新築の建築許可がおりたなぁというような物件もチラホラみかけます。)

(注) 復員が4m未満の道でも、建築基準法第3章の規定(集団規定)が適用されるに至った際に、現に存在していた道路で、特定行政庁が指定したものは“道路”と認められています。(2項道路と呼ばれています。)
author:西川治男, category:広告・ちらしの見方, 10:36
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:36
-, -
Comment









Trackback
url: http://harunish.jugem.jp/trackback/5