RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
決済・引渡し
決済・引渡し

さあ、いよいよ引渡しの日がやってきました。
当日は、売主、買主、業者そして業者から依頼を受けた司法書士が同席します。

引渡し日には、買主は残代金、固定資産税、管理費等の精算金、司法書士に対する登記料等を支払い、売主は抵当権の抹消と所有権移転登記に必要な書類を司法書士に渡し、
家の鍵を買主に渡します。
司法書士は、これらの書類によって、すぐに抵当権の抹消と所有権移転登記の手続きを
行い、登記済証(権利証)または登記識別情報が買主に後日、交付/通知されます。

買主の残代金等の支払いと、売主の抵当権の抹消と所有権移転登記は同時履行(同時に行わなければならない)の関係にありますが、実務上は、買主が残代金等の支払いをするのと同時に、抵当権の抹消と買主への所有権移転登記に必要な書類を、売主が司法書士に
渡すことにより同時履行と見なされています。
翌日から本物件は買主のものとなります。

登記簿にその他の新たな抵当権や、借地権、地上権、その他引渡しまでに抹消する約束の権利がまだ残っている場合、または必要な農地転用などの許可がまだ取得されていない場合、残代金の支払い等を保留し、引渡し日の延期または最悪の場合、中止する必要があります。
前に述べましたが、このために引渡しの直前に、再度登記簿をチェックしておく必要があります。
author:西川治男, category:決済・引渡し, 08:15
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 08:15
-, -
Comment









Trackback
url: http://harunish.jugem.jp/trackback/31