RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
サイパンの今
 

はじめてサイパンに行ってきました。

サイパンはアメリカ領なので、入国の際に両手の指紋と顔写真を撮られます。

一人一人に審査時間が掛かり、丁度韓国から到着した観光客の大集団と相まって、入国審査場は大混雑となりました。


現在サイパンには大量の韓国人観光客がやってきます。次に多いのは中国人。

日本人の大規模ツアーは見かけませんでした。

ここでも勢力図が以前とは大分変わった様です。

サイパンでいろいろと動いて見ると、フィリピン人が多いことに気がつきます。

ハードロックカフェのウェイトレスは全員フィリピーナ、マックの店員もフィリピン人、ホテルの従業員も多くはフィリピン人、日本食レストランの店員も全員フィリピーナです。

まるでマニラに居るような錯覚にとらわれました。

サイパンには現在フィリピン人が9千人も居るそうです。

町中いたるところにマッサージ店があり(ここは中国人)、前を通ると「マッサージどうですか?」としつこく声をかけてきます。あまりしつこいので無視していると、日本人ではないと思ったのか「アンニョンハセヨ」と話しかけてきて、それでも黙っていると「ニーハオ」になります。

レンタカーを借りて島の北端に行きました。

今では観光地になっているバンザイクリフやマッピ山頂には過去に悲しい歴史があり、慰霊塔やお墓が並んでいます。

目の前には紺碧の海が広がっていますが、とても記念写真を撮る気持ちになれず、静かに手を合わせて帰ってきました。

author:西川治男, category:ちょっと休憩−海外おもしろ事情, 09:46
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:46
-, -
Comment









Trackback
url: http://harunish.jugem.jp/trackback/124