RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
イエメンという国
 

先日懐メロでシバの女王を久しぶりに聞きましたが、この曲の舞台はアラビア半島の南端の国のイエメンです。この国は山がちで、大きな岩の上に家が建っているのを写真で見た方もいると思います。

 

もう大分昔の話になりますが、仕事で何度か行ったことがあります。アラブ諸国の中でも石油もあまり出ず、当時アラブの中で見捨てられた感じがありました。

サヌアの街中にはライ病患者が横たわっていたのを覚えています。

しかしイエメン人はとても誇りが高く、アラブの中でもサウジイエメンは一目置かれていたようです。顔に刻まれた深い皴は何か高貴な感じさえします。

腰にはジャンピアという短剣を差しています。昔はこの短剣で闘ったそうです。

 

当時私は、貿易の仕事に携わっていて、商談で行ったのですが、現地代理店のイエメン人社長は英語が全く話せず、スーダン人の通訳を介しての商談となりました。しかしその通訳がいなくなると話が全く通じなくなってしまいます。

最後には、目の前のビンを右に動かすとYES,左はNOというようになりました。

なんとか奇跡的に商談がまとまると、いきなり立ち上がって付いて来いと手招きします。

車に乗り込んで、街の丘の方に向かって行きます。その方向には私の泊まっていたシェラトンホテルしかないのですが、どんどん進んで結局ホテルのなかに入っていきます。

 

早い夕食でもご馳走してくれるのかなと思っていると、レストランとは反対側のお店の中に入っていきます。壁には様々なデザインのジャンピアが掛けてありましたが、一番上にあったジャンピアを指さして、店員にあれをくれと言いました。(言葉は全く分からないので、たぶんそう言ったのだと思います)そしてそのジャンピアを私にくれたのでした。

後で聞いた話では、ジャンピアは勇者の印だそうです。

 

とても嬉しかったのですが、すぐに頭をよぎったのは、刃渡り30センチ近くあるジャンピアが成田の税関を通るかということでした。

前に書きましたが、その後の出張先のオーマンで自動車事故に遭い、日本に帰るときには頭を血の付いた包帯でぐるぐる巻きにしていたので、成田の税関職員の方も同情したのか、私の荷物まで持ってくれてすぐに通してくれました。

 

 

 

 

author:西川治男, category:ちょっと休憩−海外おもしろ事情, 23:52
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:52
-, -
Comment









Trackback
url: http://harunish.jugem.jp/trackback/107